片付けられない遺品はプロに依頼しよう|遺品整理や葬儀のお助け隊

数珠

コンテンツ一覧

墓地か霊園を探す

墓地

お墓を建てるときには土地が必要になってきます。建てる場所は墓地か霊園になってきます。お墓は住宅と違い代々受け継いでいくものですから、家族とよく話し合って建てる場所を決定していきます。東京にも多くのお寺や霊園で墓地の募集を行っています。

詳細を確認する

賢い選択として人気

片付け

神戸には遺品整理をしてくれる業者が複数あります。請け負う内容は業者によって異なりますが、身内が遺品整理をしようと思うと、思い出の品を見て作業が止まってしまうこともあり効率的ではありません。プロに依頼すればスムーズに進みます。

詳細を確認する

故人の品物を片付けるには

香典

最近は、テレビや新聞などで遺品整理業者の特集を目にすることが多くなりました。一人暮らしの人や高齢者だけの家庭が増加する傾向にある今日ではその需要はますます高まる傾向にあります。知り合いの一人暮らしの親族との連絡がつかなくなって、友人が様子を見に行ったところ既に亡くなっていました。死後1週間程度たっていたため部屋に臭いがこもって友人の服にもクリーニングに出さねばならないほどの臭いが移ってしまいました。部屋の汚れもひどく、友人と親族は相談して遺品整理業者に依頼をすることにしました。業者は1日で作業を終え部屋の品物は全て分別して処分場に運んでくれました。その上、部屋の清掃や消臭まで行ってくれたそうです。友人はその素早い作業にすっかり感心してしまったそうです。

遺品整理は、業者に任せる場合と立ち会う場合とがあります。業者がゴミだと判断しそうなものでも家族にとっては大切な品物だったりするからです。作業に立ち会わなくても業者はプロですから、気になる品物は避けておいて後から依頼者の判断を仰いだりすることがほとんどです。遺品整理をしなければならないのに親族が亡くなったショックで気持ちの整理がつかない場合もあります。故人が一人暮らしで親族が遠方にいるため遺品整理に来られないこともよくあります。このような場合は遺品整理業者に依頼することが多くなります。高齢者の中には、死後子供や親族に迷惑をかけたくないという理由で業者に生前予約をする人も増えています。業者によっては、葬儀や埋葬まで手配してくれるところもあります。葬儀のことについてわからない場合や遺品整理が中々できない人などは業者に依頼するとよいでしょう。

負担を和らげてくれる存在

室内

遺品整理は、非常に大きな負担を遺族の方にかけてしまいます。遺品整理のプロである業者に依頼することで、精神的にも肉体的にも負担を大きく減らすことができます。遺品の扱い方と法令遵守の体制、料金の明確さで業者を選び、遺品整理を行ってみてはいかがでしょうか。

詳細を確認する